会社の役員用に運転手を用意したい時に役立つものは?

既にプロの運転技術を持つ

会社で役員用に運転手を一人雇いたいけれども、人を一人雇うだけの人件費はかけることができないという会社は多いでしょう。一人雇うとすれば、新卒でも中途採用でも、まずはその人の教育をして行く必要があります。社会人としての心得やその会社の社風になじんでもらう必要もありますし、役員の運転手ですから、ただ単に運転すれば良いというものでもなく、一人前の運転手になるためにはそれなりの時間がかかります。一人前になるまでに時間がかかれば当然人件費もどんどんかかっていきます。

これよりは、運転手を派遣という形で利用すれば、とても多くの人件費がかかるところが、少ない人件費で済みますのでおすすめです。派遣の運転手の場合、初日からすでに運転技術は優れたものを持っていますので、あえて運転に関する教育をする必要がありません。

役員の対応も手慣れています

派遣の運転手を利用しておけば、納得のいく運転技術を持ったドライバーが来てくれます。ですから、役員も心地よく目的地まで送ってもらうことができるでしょう。また、運転技術だけではなく、派遣の運転手は役員への対応も心得ていますから、非常に気持ちよいものです。これで、人を一人雇うよりもリーズナブルな料金設定になるわけですから、一度利用するとまた使いたくなるでしょう。スポット利用もできますし、長期での利用もできますので、会社にあった形で利用できます。最初は様子見をしたいということなら、スポットで利用してみましょう。

運転手の派遣業務は、ドライバー派遣や車両の運転、運行計画の立案、万が一の事故対応などその業務の幅は広いです。