社員教育ちゃんとしていますか?社員を大事に育てるために

新卒採用者と社員教育

既に働いている社会人の皆さんは社員教育をしっかりと受けたでしょうか?敬語の使い方、電話の応対、名刺交換等専門的なことよりも、社会人としての常識や礼儀的なことが多かったりします。確かに、学生のころはあまり意識をしていないことも多く勉強になるでしょう。

しかし、実際に働き始めてから研修で学んだことを100%実践することは難しいですよね?たとえば、地方の営業所などに配属になった時、周りの人たちは結構ざっくりした感じで話をしていて、習った通りの敬語を駆使するとかえって浮いてしまう、そんな経験をした人もいるのではないでしょうか。

社会人の基礎として研修で多くのことを学ぶのは大事なことです。まずは基礎を押さえたうえで、TPOに合わせてうまく使い分けていくことが大事になるでしょう。

中途採用者と社員教育

新卒採用者は企業も歓迎し手厚い教育制度を用意しているものですが、中途採用者の場合はどうでしょうか。中途採用者でも教育制度がしっかりしている企業も当然あります。しかし、地方の中小企業などになってくると難しくなります。即戦力を求めている場合は、企業側もある程度できる前提で採用していることが多く、出社初日から先輩社員についていき実践形式でどんどん実務を叩き込まれていくことも珍しくありません。

そして、教え方もマニュアルのようにしっかり練られたものよりも、先輩社員それぞれがその場で必要なものを教えていくことも多く、場合によっては同じ業務でも全く違う方法を教えられて混乱したり、忙しくて放置されるなんて経験をした人も。結局のところ、企業の社員教育に対する考え方がそのまま社員に対する考え方につながっているのかもしれません。

社員教育は、企業で働くのに必要な知識やルールを社員に提供するものです。新入時は組織人としての自覚と連帯感を高める集合教育が行われ、その後部門や技術などに特化した研修や、管理職研修なども行われます。